<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

骨を休めて
飛行場近くの公園では
カラスノエンドウが沢山咲いていた

そんなに遠くないはずだけど いつぶりか
広い 広い 空をみてようやく
ああ、なんて素晴らしい休暇だったのだろうと
心境の変化に気づく


したことといえば
取り立ててなにも
階段のてっぺんに座り
好きなだけ 好きなようにする
このくらいだったのに
骨までおだやかで
肩は当たり前に凝っていても
なにかが軽い


もしかして
獣みたいなふさふさの
分厚い皮を着た筍をあく抜きした時
憎たらしくこびり付いた私のあくも 抜き去られたのだろうか

待ちくたびれているはずの馴染みのギターは とてもやさしく
ひとつも へそを曲げてなんかなかったし
窓から差し込む朝日の それはそれは美しいこと

思いのほか眠たくて
ワラビを取りにはゆけなかったけど
お気に入りの喫茶店では 何一つ褪せないノリタケの素晴らしいC&Sで珈琲が運ばれてきた


皆が口にするように
人生とは不思議だ
あんなに嫌だった今日も 飄々と
踏み出せるか不安だった今日も すんなりと
受け入れることができるのだから

何も答えぬ扉よ
行きとは反対の「行ってきます」と 「ただいま」を
じきに言うから待っていて

しばらくは この幸福なまどろみを
解かずに漂わせたままで
夜空に星でも探していたいの

春一番の風は激しく
緑萌える桜が美しくて 足を止めては綺麗ねと声をかけている
散った花びらが風で舞うのを
追いかけて子供ははしゃぐ

ああ 春休み、の時季なのか。と 腑に落ちてはまた忘れ
毎日のように 冬が去ったとたんに子が溢れだしたな と 思い歩くこの頃

こぼれる歌は 金延幸子
沈丁花をよく知らないまま 香りも知らぬまま
「酔いしれる 街通りの様」を想像する

大人ゆえか、子も同じか、
数々の制約とともに暮らすなか どう遊び どう息をするか
それが なにをするにも少々つきまとってしまうから
工夫の日を続けて 
自分のなかの新芽や息吹を枯らさずにいたい

この風に 決して巻き込まれぬよう
さびしさは 土に還す
花を真似て

気楽に、こそ むずかしい時もあり
考えすぎを考えないことを、また考えちゃうから
早く抜け出して
ルドンの描いた花を みにゆきたいなあ
問わず語り
湯気のように やわらかく立ちのぼり
次第に 薄れて消えてしまう暮らしの一片

「言葉にする」という行為を
しばらくなまけていたけれど
ある方の言葉がうれしくて
久しぶりに ここに便りをだしました

まったく お調子もの
でも問わず語りも たまには悪くないのかも

---


近頃は " 整える " ことを 大事にしています

自分の、基本というのか、基盤というのか
それらを 脅かすものが現れたとしても
単に 忙しさにかまけたとしても
揺らがず思いを据えるため

いつも ご機嫌で いられるように
心と あたまの 調和をはかるのです

歳をとり、時代が変わり
人や物事との付き合い方も どんどん変わるなか
身につけた向き合い方で
整理整頓を




まだ 冬を行ったり来たりしてるけど
一足先に友人に贈った春の
なんとも 美しく 愛しいこと


また近いうちに
星よりひそかに
わき道に咲いた野花に夢中になったり
毎日のように「いつでも夢を」を歌っていたら
いつのまにか暦は立夏に


ひよっこに自分を重ねつつ
がんばるぞ、とおもう密やかな日々
そのなかで 「言っているいる お持ちなさいな いつでも夢を いつでも夢を」というフレーズは

どこまでも尊くて 大切で、
口ずさむたびあたたかく身体に沁み入るのです


なんだってやりたい
そんな欲深く、前向きな野望が消えっこなく渦を巻く


箱を開けたい
できるだけたくさんの箱を
開かなくては知ることのない、謎の深さと 感動に
どうにか触れたい


恐ろしいと思っても
自らノックしなくちゃ はじまらないこと
思い知らされ 情けなくも
やるしかないと思い知る


なにをしようと どこにいようと
真根にめぐる歌たちに頷いて
いまを歩くのです


28.5
どうしてこんなことができたのだろう、と
本当にふしぎに思うことがある

いつか書いた曲も
ちいさくとも壮観な編みものも

ある種の使命に駆られ
納得がいくまで

もう こんなことは できそうにない と
毎度 思ってしまうけれど
バカのひとつ覚えのように
また きっと 没入する

ベストをつくせば
執着することなく 心から終着できると
身体の奥深くか 脳か 心の髄かは 知っているのかも


大人になるって 素晴らしい


まだ若い、と たくさんのひとに言われるけれど
その人たちと同じようなことを 若人にいえるくらい
誰しも大人になってゆく

できることが増える幸せは
いつか だんだんと
できなくなってゆく淋しさに変わるのかも知れない
だからこそ
いくつになっても
あたらしい楽しみ方を知ることができたらな



ありがとう と 思うひと
全員にハグしにゆきたくなる瞬間や
あの日の私をどうか忘れて、
と 乞う瞬間も いろいろあるんだけど
まだ まだ まだ
美しさの根源を探す旅はつづきます


今日は The Who の曲たちをたずさえて
悠々を そっと かがけて
面白く過ごせますよう
いまもあしたも
迎える前に納めておくことは
追い立てられもするけれど 清い行いだって 毎年おもう

激動の月もあれ
温和な夜もあり
おもいがけず最高の贈りものももらえて
冷たい風ですら心をあたためる


「最後に」と おもってしまう不思議
それは嘘ね、と笑う


明日になれば 変わることなんて
何月であろうと 何日であろうと 同じ
数分後には新しい to be continue

だけど
ことしも 愛を たくさん ありがとうございました
感謝を込めて



ゆたかな年をお迎えくださいませ
粛々と
忘れようとしてみても
とある歌が聞こえたら
路肩の花が揺れたなら
ビニール傘を叩く雨すら
いたずらに
わかりきったことを また 呼び起こす


ひと山ずつ 越えてゆけば
焦がれる場所へ赴く日も 訪れるかしら


手に隠された冒とくを
はっきりと見つけてしまう度
装いよりも ホワイトに
粛々と暮らそうと 何度も思う


突き抜けるように寒いから
生姜をたっぷりすりおろした甘酒をのんで
今夜も とりくむべきに勤しみます


お月さまが ほんとうに綺麗
今年さいごの満月を終え すこし欠けた姿
ほんとうに ほんとうに綺麗


今年はまだ オリオン座をみつけれないでいるのが心懸かり
電車を降りれば
今日こそ みつけることができますように

秋の田の
おばけのようなススキが
線路沿いに わしゃわしゃ

あくせくした思考
ほっとさせてもらう瞬間が
どれほど愛しく ありがたいことでしょうか

ちいさな世界に没頭し続け からからになると
だいすきなひとと会うことは 栄養なのだと身にしみる
もうすこし もうすこし

懐をふかく 凪をまとえるよう
息を

今日も たんたんと。


ある撮影で使ったユーカリがきれいで
気に入りすぎて 一輪挿しに 二本も生けた
見惚れながら 真顔のコアラを思い出して笑う
不思議ないきものだよなあ
会いたいな
女神の瞳
思いが深いことが 枷になっているのかと
やり場のないこと このうえない思いが また、生まれる

もっと 身軽であれたら と
整わぬ呼吸を 夜の風で落ちつかせ
どうにか また、前をむく


くりかえし くりかえし
荒野でも 槍が降っても 決壊しても


まっすぐいきるひとが
それだけで、
汗をかく私を 励ましてくれる

おだやかな瞬間が
訪れるのか 訪れないのか いまはわからないけど
じんせいは わからないものだから

廃らず

恵みを

きっと 心がけ次第
視界
姿勢を 意識すると
身体の芯がどこにあるのか
身をもって知る

眠れたり 眠れなかったり
情熱的になったり 空洞になったり
女だから忙しいのか 人はそんなものなのか
毎日 ほんとうに いろいろなことが起こる


予期せぬ 大きな流れが
たくさん たくさん姿をみせ
波を感じる

空の動きにそうように 色や形をくるくる変える波を


身体の奥底は 知っている
ときに やってくる この予兆が ほのめかすものを


周波数が合い
みるみると クリアになるまで

まだ 完全ではないから
研ぎ澄まして




没入から、ふいに顔をあげると
目の前に 差し出された手のひらがある
尊い 尊い その手に
日々のうつくしさを 愛しい想いを
ささげたい


どうか、待っていてくれますように

燃える魂を
きょうも今日とて 焦がし続ける