<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 星よりひそかに | main | 春一番の風は激しく >>
問わず語り
湯気のように やわらかく立ちのぼり
次第に 薄れて消えてしまう暮らしの一片

「言葉にする」という行為を
しばらくなまけていたけれど
ある方の言葉がうれしくて
久しぶりに ここに便りをだしました

まったく お調子もの
でも問わず語りも たまには悪くないのかも

---


近頃は " 整える " ことを 大事にしています

自分の、基本というのか、基盤というのか
それらを 脅かすものが現れたとしても
単に 忙しさにかまけたとしても
揺らがず思いを据えるため

いつも ご機嫌で いられるように
心と あたまの 調和をはかるのです

歳をとり、時代が変わり
人や物事との付き合い方も どんどん変わるなか
身につけた向き合い方で
整理整頓を




まだ 冬を行ったり来たりしてるけど
一足先に友人に贈った春の
なんとも 美しく 愛しいこと


また近いうちに
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://sakico1988.jugem.jp/trackback/296
TRACKBACK